大宇宙のエネルギーをけ・・・
                    星の米・・できました。 
 
                              
                                   kome100show
 

     とは
 
 
 
 
 日本有数の豪雪地、魚沼川西。清冽で豊かな雪解け水は
美味しいお米の源です。また、肥沃な土壌、昼夜の温度差、なによりも当地特有の夏場の朝霧が稲に適度な水分をもたらし、熱い日差しからの乾燥を防ぎます。
 また、この土地は河岸段丘の西側に位置することにより、
朝の太陽の素晴らしいエネルギーを、十分にいただいています。 
 
魚沼川西産こしひかりは、こうした最良の自然環境に育まれた
      こしひかり傑作です。
 

 


 

     農薬で化学肥料を使わずに育てた
            特 別 栽 培 米 です! 
 
 
農薬化学肥料使用量新潟県一般慣行栽培使用量5割以下らした栽培です
わが家では農薬使用量をさらにらし3割とし最小限えるようにめています
 
  
 そして、わが家の田んぼの中に ‘ 鶴 巻 ’というところがあります。
  昔からその土地の呼び名ですが、そこは土の波動がとても良いところです。
   そこから鶴の米(つるのまい)が誕生します。 
 
 
 
 
      ぜない美味しさ 100

 
    わが家では、田んぼ1まいづつ稲刈り、乾燥、調整を行うため、
               他のお米と混ざることがない農家のお米です。
 
 
 
     心を込めて育てたお米を美味しくするには。
 
      お米が実った事に感謝することです。
     稲刈りはゆっくり丁寧にすること。
     乾燥は遠赤外線乾燥で温度を上げず、ゆっくりと風をいっぱい送ること。
     摩擦の熱や、静電気から守るため機械の選別は最小限にすること。
     最後にもう一度、感謝をこめて “ ありがとう ” です。
 
 
 
 
 
         魚沼川西産 こしひかり 
              特別栽培米
 
      低農薬で化学肥料を使わずに育て
             環境にやさしい農業と
  安全・安心で美味しいお米の生産を心がけています。 
 
   
     生 産 者       内 山  直 樹
 
   エコファーマー   新潟認定 第 6353 号
 
 
  エコファーマーとは?
 
    持続性の高い農業生産方式(土づくり、化学肥料・化学農薬の低減を一体的に行う生産方式)を
    導入する計画を立て、県知事の認定を受けた農業者です。


   どんなことをやってるの?

    たい肥や稲わら等をつかった土づくりや、環境への負荷を軽くするように化学肥料や農薬の
    使用量をへらす栽培方法等で、将来的にも持続可能で環境にもやさしい農業をおこなっています。
 
    宇宙のエネルギーに感謝し、太陽 月 惑星の位置関係から大地に伝わる重力変化のなかで
    稲作に適した日(実の日)を選び、稲の生長を促しています。
    
     また毎日、田んぼを一回りして田んぼの波動を上げています! 星のお米が誕生します!
 
 
 
大地の芸術祭2018 田んぼ編
    この球体が凄いんだ〜。
 
こしひかりの刈取りが始まりました!
 
 平成26年産 鶴の米
素晴らしいエネルギーを頂いてます。
 
 平成26年産 お米作り始まります。
 本年も当地区の美味しいコシヒカリを
 お届けできます様、心を込めさせて
 頂きます。
 
   12月13日、冬の訪れです。
 昨日からの雪で40cmは積もりました。
 これで田んぼは春まで冬眠ですね。
 
 
  今年はルバーブと共に甜菜を
(シュガービート)作ってみました。
 有機栽培なので、見た目はイマイチ
 ですが、美味しい砂糖が出来るでしょう。
 砂糖作りにチャレンジです!
    11月後半の収穫でした。
 
  大地の芸術祭の地
 十日町、川西地区からお届けします。
    
 

雪のまだ残る4月の終わり
     ゆっくりと息を始める
        コシヒカリの苗です。
 
 

 魚沼川西の大地